使い捨て食器は子供の教育上良くない?正しい使い捨ての付き合い方

日々のくらし

使い捨て食器は、便利で手軽な食器として知られていますが、最近では子供たちに使い捨て食器を使わないようにと言われることもあります。

では、なぜ子供たちは使い捨て食器を使わない方が良いのでしょうか?今回は、その理由についてご紹介します。

子供は使い捨て食器を使わない方が良いと言われる理由

まずは、子供に使い捨て容器が「良くない」と言われる理由を3つ紹介します。

理由①ものを大切にしなくなる

使い捨て食器は、使い終わったら捨てられるため、子供たちがものを大切にする習慣を身につけにくくなります。

大切なものを使い終わったら捨てるという行為は、子供たちに「物は大切に使わなくてもいい」というメッセージを送ってしまいます。

そのため、子供たちが大切なものを大切にする意識を持つためには、使い捨て食器を避けることが重要です。

理由②「割れない」から力加減を覚えられない

使い捨て食器は、プラスチックや紙などで作られているため、割れる心配がありません。

紙皿や紙コップは音も立たないため、扱い方も荒くなる傾向にあります。

理由③「自分の食器」がないからアイデンティティ形成に良くない

使い捨て食器は、一度使ったら捨てるため、自分の食器という感覚が薄れてしまいます。

子供たちは自分の食器を持つことで、自分のアイデンティティを感じることができます。

例えば、お気に入りのマグカップやお皿を使って食事をすると、自分らしさを表現することができます。

しかし、使い捨て食器を使っていると、そのようなアイデンティティ形成が難しくなってしまいます。

使い捨て食器にはメリットもたくさん!

子供の教育上悪い!と言われがちな使い捨て食器ですが、たまに使うのにはメリットが大きいとも言われています。

では、使い捨て食器にはどのようなメリットがあるのでしょうか?

メリット①洗い物の時間が節約できる

使い捨て食器は、使い終わったら捨てるだけなので、洗い物の時間を節約することができます。

忙しい日常生活の中で、洗い物の時間を減らすことはとても助かりますよね。

メリット②かわいいデザインでパーティー感を演出できる

使い捨て食器には、さまざまなかわいいデザインがあります。

パーティーやイベントなどで使うと、一気に華やかな雰囲気を演出することができます。

特別な日に使い捨て食器を使うことで、より楽しい雰囲気を作り出すことができますよ。

子供が喜ぶフィンガフードパーティー!ぜんぶ100均のテーブルコーデ | ハレシピ!
100均×フィンガーフードパーティー第二弾! 今回は「子供が喜ぶ料理」をテーマに、献立を立ててみました。 作ったもののレシピとテーブルコーディネート キンパ フライドポテト(冷凍品) 鮭とほうれん草のキッシュ キャベツと人参の春巻き ワカモ

メリット③水の量が節約でき、実は環境に良い

使い捨て食器は、洗う必要がないため、水の量を節約できます。

また、一度使ったら捨てるため、再利用する必要もありません。

これにより、洗うための水や洗剤の使用量を減らすことができ、実は環境にも良いのです。

おすすめ使い捨て食器

最後に、おすすめの使い捨て食器をご紹介します。

バイオプラスチック製の使い捨て食器:自然由来の素材で作られており、使い捨てながらも環境に優しい選択肢です。

created by Rinker
中村(Nakamura)
¥759 (2024/05/19 09:30:29時点 Amazon調べ-詳細)

リサイクル可能な紙製の使い捨て食器:使い終わった後にリサイクルすることができるので、廃棄物の削減にもつながります。

【まとめ】たまには使い捨て食器にも頼ってOK!

使い捨て食器にはメリットもありますが、子供たちの教育上では使わない方が良いと言われています。

ものを大切にする習慣や力加減を覚えること、そして自分の食器を持つことがアイデンティティ形成にも良い影響を与えます。

ただし、忙しい日常生活の中で洗い物の時間を節約したり、パーティーなどで華やかな雰囲気を演出するために、たまには使い捨て食器を使うのも良いでしょう。

ただし、環境に配慮し、エコプラスチックやバイオプラスチック、リサイクル可能な紙製の使い捨て食器を選ぶことも大切です。

子供たちには、使い捨て食器を使うことのメリットとデメリットを教えながら、適切に使い捨ての付き合い方を教えてあげましょう。

タイトルとURLをコピーしました