コチュジャンと豆板醤を間違えた!代用は可能?

日々のくらし

コチュジャンと豆板醤って、どちらも辛みがあるペーストで違いが分かりにくいですよね。

コチュジャンにも豆板醤にもなじみが薄い人は、どちらかしか持っていないことも多いのではないでしょうか?

そこでこの記事では、コチュジャンと豆板醤の違いや「間違えて使ってしまった時」のリカバリー方法まで、一気に紹介します♪

created by Rinker
李錦記(リキンキ)
¥688(2023/09/28 14:36:49時点 Amazon調べ-詳細)

コチュジャンと豆板醤の違い

コチュジャンと豆板醤の違いについて、簡単に表にしてみました。

項目コチュジャン豆板醤
原料唐辛子+米唐辛子+ソラマメ
甘味が感じられる塩気が強い
調理のタイミング加熱すると風味が飛ぶ
料理の仕上げに使う
加熱調理のはじめに入れる
油で炒めて風味をアップさせる

同じ辛み味噌でも、味や調理方法が結構違ってくるのが分かるかと思います。

コチュジャンはピビンバに添えてあるように「料理の仕上げに」「加熱せずに」ちょい足しする事が多く、豆板醤は最初から油で炒めて”辛みのベース”を作るために使います。

コチュジャンのレシピに豆板醤を代用する

コチュジャンのレシピに豆板醤を使いたい、コチュジャンのレシピに豆板醤を入れてしまった、という時は「甘味を足す」のが正解です。

豆板醤と相性が良い甘い調味料は「テンメンジャン(甜麺醤)」で、入れた豆板醤の1.5倍を目安に加えると味が整いやすいです。

テンメンジャンがない場合は、砂糖でもOK。コクが足りないように感じられたら、さらに味噌も少し入れてみましょう。

豆板醤のレシピにコチュジャンを代用する

逆に豆板醤のレシピにコチュジャンを代用するなら「料理の最後の方に加える」「塩気を足す」のがポイントです。

コチュジャンは香りが飛びやすいので、油で炒めるのはNG。

具材に火が通った後の味付けの段階で入れてあげましょう。

またコチュジャンは塩気が足りないので、醤油で塩気をプラスすると味が締まりやすくなります。

コチュジャンも豆板醤もない!という場合は、輪切り唐辛子や一味唐辛子+醤油でも代用可能です。

タイトルとURLをコピーしました